FC2ブログ
国内・海外・芸能・映画情報など最新ニュース・出来事などを様々な角度から 独自の視点でズバッと語っています。

☆翼の折れた天使たち・スペシャルドラマ


2006年に若者の達のリアルな姿を描いた「翼の折れた天使たち」の
第二段が一年ぶりに登場。

4つの感動ストーリーが綴られる。

フジテレビ系・後11:00~11:45(2/26~3/1)

「第一夜・衝動」

出演・・・石原 さとみ
フリーターのユリ(石原さとみ)は、中学生の時に自ら手首を切って以来、心療内科に通っている。
生きる意味を見出せないまま日々を過ごし、自殺を考えてビルの屋上に立つこともしばしば・・・
そんな時、バイト先のコンビニでのトラブルがきっかけで、裕紀(佐藤隆太)という大学生と知り合う。
以来、裕紀はユリに何かと世話を焼いてくるが・・・


「第二夜・サクラ」

出演・・・戸田 恵梨香
遥(戸田)は、出会いカフェで男達を手玉にとって金を稼いでいた。
そんな折、遥は光輝(忍成修吾)という男に一目惚れ。
気を惹こうと純情な社長令嬢を演じるうちに、嘘に嘘を重ねることになってしまい・・・


「第三夜・時」

出演・・・加藤 ローサ
水泳部で学生選手権の代表入りを目指す香奈(加藤)は、記録が伸びず悩んでいた。
後輩に差をつけられ、投げやりになった香奈は幼馴染の大輔(木村了)をホテルに誘う。
だが、大会直前、香奈の体に異変が・・・


「第四夜・商品」

出演・・・香里奈
美咲(香里奈)は、4年前に家出し、整形手術で顔を変え、全ての過去を捨てた。
現在は、高級クラブのナンバー1ホステス。

だが、心のどこかで寂しさを感じていた。
そこへ、若い美人の新人ホステスが入店してきて・・・


※一話一話のドラマになっていて 少々 短いように思えますが
 見逃せません・・・続きを読む
スポンサーサイト

栗山千明ドキドキの初主演映画


映画「エクステ」(監督園子温)が17日、公開され、主演の栗山千明(22)が東京・池袋シネマサンシャインで舞台あいさつに立った。

初の単独主演作で「昨夜は眠れませんでした。こんなに緊張したのは初めて」とあいさつ。

ヘアエクステンション(つけ毛)を題材にしたホラーで、髪の毛フェチ役の大杉漣(55)は劇中で奇妙な歌を熱唱するシーンもあり、「ぜひ口ずさんでもらいたい」と語った。


※エクステは、流行の1つですが・・・
 
 映画の予告編がテレビでもやってますが、結構 気持ち悪そうです。
 エクステの利用者が減ったりして・・・(笑)
 ホラー映画は、苦手な方なので 見てしまうと・・・

 私の場合は、緊張で眠れないのでなくて 怖くて眠れないです。

(引用:ライブドアニュース

TOKIO国分事務所破局認める…aikoとの交際ピリオド


スポーツ報知が報じた人気グループ・TOKIOの国分太一(32)とシンガー・ソングライターのaiko(31)の破局について、国分の所属するジャニーズ事務所は17日、「事実です」と破局を認めた。

 同事務所は「報道は事実ですが、プライベートは本人に任せている。本人のコメントは差し控えたい」とした。国分はこの日オフ。ジャニーズの携帯サイト「ジャニーズウェブ」に掲載している日記では破局に触れなかった。一方、aiko側は「本人に確認していないので分からない」とコメント。公式HPには一時アクセスが殺到した。

 2人は1998年秋ごろから交際をスタート。2001年1月には国分が“交際報告会見”を開き公認カップルとなった。結婚間近と言われていたが、多忙なスケジュールによるすれ違いが原因で、昨年8月、約8年に及ぶ交際にピリオドを打った。

※こちらは、縁が無かった・・と言うしかなようです。
 8年間も交際していて すれ違いが原因で別れるなら
 結婚しても うまくいかない可能性が大だったかもしれなかったかも。

(引用:ライブドアニュース

陣内が結婚ネタ&おのろけ連発


女優の藤原紀香(35)とお笑いタレントの陣内智則(32)が挙式から一夜明けた18日午前、一緒に新幹線で上京した。

陣内は早速、東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」で3公演をこなし、その合間に渋谷で行われた映画のプレミア試写会にもゲスト参加。
公演では「結婚式の翌日に3公演やらせるなんて何ちゅう会社や」と、所属の吉本興業をやり玉に挙げて笑いを誘った。

 新婚夫婦は前日の挙式の熱も冷めやらぬ午前10時半、JR新神戸駅にそろって現れた。前を歩く陣内の数メートル後を紀香が続く。

2人に気付いたファンから「おめでとうございます」の声がかかると、紀香は笑顔で軽く頭を下げた。

握手や写真撮影にも応じるなど、リラックスした様子。
取材陣に心境を問われ、紀香は「皆さんに祝福されて無事に式が終わったことに感謝しています」と話した。

所属事務所によると、この日は基本的にオフ。
挙式翌日に仕事の入っている夫に付き添って上京した。

※まさか?と思った結婚話でしたが、何処に縁があるかは
 わからない・・・
 と言った感じの結婚でした。続きを読む

ウエンツ瑛士 免許取ります…「キャプテントキオ」初日


WaTのウエンツ瑛士(21)の初主演映画「キャプテントキオ」(渡辺一志監督)が17日、初日を迎え、出演者らが東京・池袋のシネ・リーブルで舞台あいさつを行った。

 無法地帯と化した近未来の首都で、夢を追い成長する若者たちを描く。

実際の夢について、ウエンツは「ん~、車の免許を取ります。今、仮免なので」。都知事役の泉谷しげる(58)は、役作りで石原慎太郎都知事の“超高速まばたき”を研究したといい、都知事選出馬?の問いに「興味ね~よ」と吐き捨てるように言った。

※超真面目そうなウエンツくんですが、ハーフなので
 英語も話せるのかと思いきや、日本語しか話せないそうです。

(引用:ライブドアニュース

[硫黄島からの手紙]仏大統領絶賛 イーストウッド氏に勲章


【パリ福井聡】フランスのシラク大統領は17日、エリゼ宮に米映画監督で俳優のクリント・イーストウッド氏(76)を招き、レジオン・ドヌール勲章を授章した。


 大統領は同氏の新作「硫黄島からの手紙」について「平和主義者のための弁解ではなく、武力のみに頼ることの結果を示したものだ。欧州から見ると、あなたはハリウッドの最も良い面を体現している」と、イラク戦争に反対した自らの立場に絡めて絶賛した。


 大統領は15日発売の自伝の中で「主張を押し付ける米国流の手法は居心地が悪い」と反米の立場を改めて表明しているが、監督に対しては「あなたは米国の持つ偉大さともろさ、その多面性を知らしめてくれた」と賛辞を惜しまなかった。


 監督は授章式にディナ夫人と2人の子供を伴って出席し、「私はフランスを第2の故郷と慕ってきた。今回は日本(をテーマとした)映画の監督を務めたが、いつかフランス(同)映画の監督をしたい」と応えた。


※やっぱり、海外の人達のする事は違いますね。

 日本からは、何も?ないのかな?


 (引用:ライブドアニュース



ライアン・オニール父子、お互いを非難


マリブの自宅で息子のグリフィンに銃を発砲したとして逮捕されたライアン・オニールだが、父子で別の記者会見を開き、それぞれ事情を説明した。

オニールは、グリフィンとの口論が激化し、暖炉の火かき棒を手にしたグリフィンを見て、「自己防衛のため」階段の手すりに向かって発砲。

その際、グリフィンが振り回した火かき棒が、グリフィンの恋人ジョアンナ・バリーに当たり、目を8針縫う怪我を負わせてしまった。

父子はバリーの怪我について、お互いに相手の責任と主張。グリフィン側は、オニールが「自己防衛」のために発砲したことがバリーの怪我につながった、と語っている。

※ライアン・オニールと言えば、1979年にキャンディス・バーゲン と共演して「ある愛の詩」で有名になった俳優です。
 今回の事件の息子の他に、テイタム・オニールと言う名子役の娘が
 いたけど、今は どうしているのでしょうか?
 
 その頃は、とても中の良い 親子で有名だったのに・・・
 今は、仲が悪いのかな?
 ちょっと恐ろしい親子喧嘩ですよね。

(引用:ライブドアニュース

映画:「あなたを忘れない」花堂監督、行動の大切さ訴え /北海道


◇「自分の目で確かめて」

 線路に転落した男性を救おうとして亡くなった韓国人留学生を主人公にした日韓合作映画「あなたを忘れない」の花堂(はなどう)純次監督(51)が毎日新聞北海道支社を訪れ、「国境に関係なく、人として行動することの大切さを訴えたかった」と製作の意図を訴えた。

インターネットの掲示板では、韓国人を英雄視した映画への反発が出ているが、花堂監督は「表現の自由はあるにしても人を容易に傷つけるネットは怖い。メディアのプロとしてどう対応するか考えていかねばならない」と話している。

 映画は01年に東京・新大久保駅で事故に遭って亡くなった李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)がモデル。

日韓双方の差別や無理解と闘いながら、日本に留学。日本人の恋人との出会いや家族のルーツを探るうちに、両国の懸け橋になりたいとの夢を持ち、亡くなるまでの姿を描いた。

※非難をする人は、自分の命を他の人の為に 投げ出す事ができるのだろうか?
 自分を投げ出し、人の命を救う事が出来るのでしょうか?
 素直に自分の目で見て欲しい映画だと思いますが。 続きを読む

18年越し悲願…渡辺謙が涙の初受賞


「第30回日本アカデミー賞」の授賞式が16日、東京・港区の新高輪プリンスホテルで行われ、「明日の記憶」の渡辺謙(47)が最優秀主演男優賞を初受賞した。

渡辺は1989年に急性骨髄性白血病で倒れたときからの悲願達成に感涙し、司会の吉永小百合(61)ももらい泣きした。最優秀主演女優賞は「嫌われ松子の一生」の中谷美紀(30)が獲得、「フラガール」は作品賞など4冠に輝いた。
 
「主演男優賞は…渡辺謙さん!」。プレゼンターの吉岡秀隆(36)が名前を呼んだ瞬間、渡辺は堤幸彦監督と固く抱き合った。
 
19年越しの悲願が結実した。1989年、初主演作となるはずだった角川春樹監督の「天と地と」の撮影を行っていたカナダで急性骨髄性白血病が発覚。途中降板し、即入院した。


※殆どの人が予想していたと思う・・・

 本当におめでとう!!って思います。
 白血病の報道を聞いた時は、実際の所 助かるとは思っていませんでした。
 それだけに、本当に良かったと思います。
 続きを読む

紀香&陣内 425人警備で超厳戒


女優の藤原紀香(35)とお笑いタレントの陣内智則(32)が17日、2人の故郷・兵庫県の生田神社(神戸市中央区)で挙式する。

式が始まるのは午後2時。

約40分ほどで終わり、記者会見した後、両家で会食するというスケジュールだ。

 同所では早くも16日朝から、ファンを“完全シャットアウト”する厳戒態勢が始まった。

午前9時、外からのぞき見ることができないように神社周囲に紅白の垂れ幕(幅約5メートル、高さ約3メートル)を巡らした。

神社関係者は「目隠し用です。幕を張ったのは初めてのこと。
見えるとファンが集まるからと、警察から指導された」と明かした。


※今日は、とても寒かったのに 大変な日でしたね・・

 見えても見えなくても、どっちにしてもファンが集まるのだから

 少しだけでも、ファンの人達の前に出て来るのかと思いきや

 全くの逆でした・・・

 続きを読む
Copyright © ズバッと芸能情報つかみ取り♪ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室